「イラストレーターになっても好きな絵を好きなだけ、好きなように描けるわけじゃないのが現実だということを肝に銘じておいてください」

イラストレーターGODTAIL

2017.03.22 WED

競馬や競艇のキャンペーンポスターをはじめ、テレビ番組のキャラクター、さらにはゲームやパチスロのキャラクターデザインなど、様々な仕事を手掛けておられるGODTAIL(ゴッドテイル)氏。

今回は、仕事に対する向き合い方や制作環境、これからイラストレーターを目指す人へのアドバイスなどを中心にお話をうかがいました。

--イラストレーターになったきっかけを教えてください。

物心ついた時から絵は好きだったんですが、父が教師でとにかく厳しくて、子どもの頃に絵画教室に通いたいと言ったら、「絵では食べていけないからダメだ」と却下(笑)。
その代わりに書道に通わされてました。

でも高校生の時、友達の一人から「こんなに絵がうまいのに、なぜ絵で食べていこうと思わないの?」と言われて「自分の絵でもその道があるのか!」と思ったのが始まり。

それで高校3年から受験勉強を始めて大阪芸大に合格して。
ただ、画塾なんか行ってなかったから絵では無理だと考えて、デザイン学科ではなく映像学科を選んだんです。

--高校3年で一気に人生が大転換したんですね。

大阪芸大に現役で入学できなかったら就職するつもりでしたから。
ただ、入学後は遊んでバイトばかりする普通の大学生でしたよ。
それでも変なヤツばっかりで刺激を受けましたね。

就職はテレビ業界を受けていたんですがダメで、SNKに入社しました。
でもデザイナーではなく企画での入社です。

--絵は描いてなかったんですか。

SNKには絵がうまい人がたくさんいたんですよ。

その人たちの絵を見て「自分がやりたい仕事はこれだ。やっぱり絵を仕事にしよう」と心に誓いました。

入社間もない使いっ走りの頃は、キャラデザイナーが描き損じた絵や資料のシュレッダー分をこっそり持って帰ってマネして描いてました。

また、描いた作品をギャラリーで展示したりもしましたね。
販売する予定もなく、ただただ多くの人に自分の絵を見てもらいたかったんです。

--会社員からフリーランスへ転身のきっかけは?

私がメインとなって企画・開発したパチスロがヒットしたりして、オリジナルキャラクター系のパチンコやパチスロ機を複数手掛けるようになりました。

そんな時に、後輩が私のブログを立ち上げてくれたんです。
当時はブログが流行し始めた頃で、mixiやpixivなどのSNSにハマりました。

SNSに自分の絵を投稿したところ、それを見て絵を描いて欲しいという依頼がきたんです。

そこで依頼を受けて描いた絵を再び投稿すると、さらにまた別の依頼が舞い込んで……を繰り返すようになって、いつしか収入が月給を超えるように。

結果、自分で自分の可能性をもっと追求してみたくなり、独立してフリーランスでやろうと考えました。

--フリーランスとして活動を始めて意識は変わりましたか

何も変わりません。

仕事として絵を描き始めた当初から「常に依頼してくれた人の期待を超えるのが自分の仕事」と考えて取り組んできましたし。仕事なんて自分の思い通り進まないことばかり。

それでもその中で面白さを発見して取り組めないと続けられませんし、プロフェッショナルとしては失格だと思います。

--イラストの仕事をしている時、常に意識していることはありますか?

クリエイティブと経営感覚のバランスでしょうか。

受注金額に関係なく限られた時間の中で常にベストを尽くし、良い作品を提供し続けねばなりません。

実際には、時間制限がなければ良いイラストは生まれるわけではなく、逆に納期がない時ほど、納得できるイラストが描けたりしますから(笑)

--作画方法を教えてください。

基本的にデジタルです。

筆文字のエフェクトは、手描きで描いたものをスキャンして使っています。

下絵の段階から板タブレットを使って描くなどデジタル化している部分は多いですが、手書きの感覚は好きですよ。

落書きやアイディア出しは、手描きでやることも多いです。

--今後やってみたい仕事のジャンルやテイストはありますか?

まださほど多くはありませんが、海外クライアントの仕事もやっています。
今後は海外の仕事を増やしていきたいですね。

世界中の人が同時にリアルタイムで目にするイベントや機会に、自分のイラストを登場させたい。例えば、オリンピックとかスーパーボウルとか。

2020年の東京オリンピックに関わってみたいですね(笑)

--プリズマのサービスはいかがですか。

全面プリントは、イラストを描く側にとっても魅力的なキャンパスですね。面白そうです。

--これからプロのイラストレーターをめざす人にアドバイスをお願いします。

イラストレーターになっても好きな絵を好きなだけ、好きなように描けるわけじゃないのが現実だということを肝に銘じておいてください。

その中で楽しみを見いだすことができるなら、イラストの世界で食べていけると思います。

あとは、どんな状況下でも楽しむ意識、ピンチをチャンスに変えるぐらいポジティブな思考を持ち続けて頑張ってください。


オリジナルTシャツプリントホーム特定商取引法に基づく表記個人情報会社概要サイトマップ