コラム No.15
トートバッグ(エコバッグ)について【後編】

トートバッグ(エコバッグ)について

エコバッグは、エコロジーという自然環境保全の考え方から使用されるようになったバッグのことです。コンビニ袋やレジ袋などと呼ばれるプラスチックバッグは、これまで私たちの生活において必需品でしたが、これによりゴミが増え、環境に与える影響が深刻化してしまいました。日本では2020年7月からレジ袋が有償化され、今後、エコバッグはさらに家庭に浸透していくものと予想されます。これは多くのビジネスにとってチャンスです。

企業がオリジナルエコバッグを作成するメリット

レジ袋有償化によりエコバッグを含むリサイクル関連のビジネスには大きなチャンスがあります。「そうはいっても私の会社のビジネスは、エコともリサイクルとも関係ない」という方!それは間違っています。作って販売することだけがエコバッグビジネスではありません。エコバッグはTシャツ同様、広告宣伝、そしてPR目的で利用するのにもってこいのアイテムなのです。

小さなビジネスでも大きなビジネスでも宣伝とPR

現在は、テレビ、インターネット、そしてリアルワールドなど、すべてにおいて広告があふれる世の中です。しかし、インターネットを除き広告費用は莫大で、中小企業や個人事業主にとっては頭を悩まされるところです。とにかく、自社製品の宣伝広告や、自社のPRを行いたいと考えるのであれば、なるべくお金をかけず、しかも効果の高い方法を選ばなければなりません。マーケティングやPRでは、コストパフォーマンスも要求されますので、費用対効果がわかりやすいメディアがよいはず。そこでおすすめしたいのがエコバッグなのです。エコバッグなら、インターネット広告と同じぐらい、いやもっと効果的に宣伝やPRに使えます。インターネット広告にもいろいろありますが、キーワードベースの場合は、数十円から数百円が単価になります。エコバッグなら、材質にもよりますが、安いものならこちらも単価は数十円ほどです。エコバッグなら、小さなビジネスでも大きなビジネスでも、宣伝やPRに使っていただけます。

特にPRに効果的

PRは、Public Relations(パブリック・リレーションズ)の略で、日本語では「広報」などと呼ばれます。マーケティングとPRをごっちゃにしている方も少なくないので少しだけ説明すると、PRは「自社のイメージアップのために行う活動」のことです。PR目的のアイテムにはTシャツやボールペン、キャップ、うちわなどさまざまなものがあり、どれも手頃な値段なのでよく使用されています。いわゆる「ノベルティグッズ」ですが、ここでエコバッグを強くプッシュすることにははっきりとした理由があります。
・みんなが持つ時代になったから
レジ袋の有償化により、今までは女性を中心に普及していたエコバッグを、多くの男性も使うようになります。みんなが持ち歩くということは、それだけ多くの人の目に触れるということです。ノベルティのボールペンを持ち歩いてくれる人がいたとしても、人前で使ってくれる人はほとんどいません。人目に触れて初めて宣伝やPR効果が生まれるので、コンパクトで持ち歩きやすいエコバッグは、人前への「露出度」が高いのです。
・エコな会社であることをアピール
エコロジーの考え方から生まれたエコバッグは、企業自体がエコであることをアピールするのに最適なアイテムです。「この会社は環境に気を遣っている」というクリーンなイメージを人々の脳裏に焼きつけることができます。コンビニやスーパーでのお買い物に多くの人々が持ち歩いてくれれば、それだけあなたの会社のイメージはアップします。
世の中のセレブたちがSNSなどをとおして自らのライフスタイルや考え方を発信していることは、すでにご説明したとおりです。多くの人々が彼らに共感し、エコロジーやロハスといった考え方にシフトしているわけですが、実はセレブたちにとっても、エコロジーやロハスという考え方はイメージアップの方法としてとても有効なのです。これは彼らの活動を否定するものではなく、彼らなりのPRの手段なのです。これを一般の企業が使わない手があるでしょうか?
・いろんなシチュエーションで使ってもらえる
エコバッグは、材質にもよりますが、丸めたり、折りたたんだりできて持ち運びがかんたんなので、ショッピングだけではなく、アウトドアやちょっとしたイベントに出かけるときなどにとても重宝します。このようなちょっとしたお出かけの際にわざわざリュックやバッグを持っていくのは面倒なもの。エコバッグなら、こんなときに使いやすいのです。いろんなシチュエーションで使ってもらえることも、エコバッグが宣伝やPRのアイテムに向く理由です。
・長く使ってもらえる
エコバッグは、いろんなシチュエーションで使ってもらえるうえ、比較的丈夫なので長く使ってもらえるという利点もあります。特にエコバッグの素材として一般的な不織布(ふしょくふ)は、日常のショッピング程度の使用ならかんたんに破れるようなことはありません。軽く、小さく折りたためるので、実用性抜群。しかも作る側にとっては安いという点も見逃せません。
このようにエコバッグは、宣伝やPR目的のアイテムとして理想的な特徴を備えています。特に人々が外出のお供にしてくれるエコバッグは、ほかのアイテムと比較しても突出して人目に触れやすいのです。ステッカーを配っても、車にでも貼ってもらわなければなかなか人目に触れることはないかもしれません。また、小さいのでそもそも人目に入らない可能性もあります。この点でもエコバッグは優れています。エコバッグはプリント面が大きいので、アピール度が高く、オリジナルのデザインをかんたんに作れることも魅力です。シンプルで目立つデザインをプリントできるエコバッグは、Tシャツと同じように、そのデザインやメッセージを印象づけやすいという特徴を持っています。このメッセージ力は、オリジナルプリントならではのものです。素材によりプリントの方法が限定される場合もありますが、表現力の異なるさまざまなプリント技術が使えます。ロゴをプリントしてもいいのですが、伝え方を工夫すれば、さらに大きな宣伝・PR効果を得られるのではないでしょうか。
インターネット広告の単価も高騰してきている現在、エコバッグは広告宣伝・PRメディアとしてとてもパワフルな選択肢になります。広告に割ける予算が限られていても、アピール力の高い「オリジナルエコバッグ」は、会社の考え方やイメージを発信するのに最適なアナログメディアです。広告やPR担当の方は、費用対効果に優れるエコバッグの導入を検討してみてはいかがでしょうか?
オリジナルTシャツやトートバッグなどでおなじみの当社では、エコバッグへのオリジナルプリントで、あなたの会社の広告宣伝・PR活動をサポートしています。デザインの相談から、製版、印刷まで、リーズナブルな価格でサービスを行っておりますので、ぜひ活用していただければと思います。

次のページへ
  • 1
  • 2

前編:トートバッグ(エコバッグ)について【前編】