コラム No.14
トートバッグ(エコバッグ)について【前編】

トートバッグ(エコバッグ)について

エコバッグは、エコロジーという自然環境保全の考え方から使用されるようになったバッグのことです。コンビニ袋やレジ袋などと呼ばれるプラスチックバッグは、これまで私たちの生活において必需品でしたが、これによりゴミが増え、環境に与える影響が深刻化してしまいました。日本では2020年7月からレジ袋が有償化され、今後、エコバッグはさらに家庭に浸透していくものと予想されます。これは多くのビジネスにとってチャンスです。

エコバッグの起源と名前の由来

エコバッグの起源は「マイバッグ運動」と呼ばれる、買い物にショッピングバッグの持参を呼びかける運動のことです。環境保護(エコロジー)を目的に、日本でも古くは1970年代後半から行われています。ショップで買い物をした際に使われるレジ袋が投棄されることにより自然環境の破壊につながること、また焼却時の二酸化炭素の削減と、原料である原油を節約することを理由に始められた運動です。ただ、個人にマイバッグ(エコバッグ)の使用を呼びかけることがこの運動の基本であるため、なかなか効果が出にくいという面があったことは確かです。しかし、近年は地球温暖化の影響と見られる現象が目に見えるようになってきていることや、セレブのライフスタイルの影響などもあり、エコバッグはとても広く使用されるようになっています。ちなみにエコバッグという言葉は、1980年代~90年代当時、環境保護先進国として知られていたドイツで使われたのが最初のようです。

レジ袋ゴミの削減

エコバッグ導入の目的のひとつに、レジ袋ゴミの削減があります。最近はソーシャルメディア上で、レジ袋が原因とされる海洋汚染の様子がシェアされ、多くの人々がエコロジーの考え方を共有しています。特にウミガメやクジラなどがレジ袋を誤って食べてしまったり、レジ袋により身体の自由を奪われてしまったりして、それにより命を奪われるケースが多発していることは、ご存じの方もいらっしゃるのではないでしょうか。これは世界的にも大きな問題となっていて、東南アジアのいくつかの国ではすでに、レジ袋など、プラスチック製の袋や容器の使用が禁じられています。
日本では、1990年代の中頃にエコロジーがブームとなり、多くのスーパーがオリジナルのエコバッグの販売を始めました。レジ袋を使わない場合はポイント付与や割引などのサービスを行ったため、主婦を中心にエコバッグ利用者が増えました。

二酸化炭素の削減

レジ袋の原料は石油ですが、エコバッグとはいえ、中にはその原料として石油を使っているものがあります。「これではエコじゃない!」と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、「環境負荷」で二酸化炭素の排出量を比較することでその答えを出せます。つまり、1枚のエコバッグを製造するのに必要な原油の量と、1枚のエコバッグは、レジ袋にして何枚分になるのかを計算し、その原油量を比較すればいいのです。すなわち、使い方によってはエコバッグのほうが環境にやさしくない場合もありうるのですが、基本的にエコバッグは長く使いますので、よほどのことがなければこのような結果になることはありません。環境負荷は、原料によっても異なります。ここで詳しい説明をすることは避けますが、長く使えば使うほど、環境負荷は低く抑えることが可能です。

エコバッグはどの程度普及しているのか

後ほど詳しくご紹介しますが、日本ではレジ袋が有償化されたことにより今後、エコバッグは普及が進んでいくものと考えられています。元々、日本では大手のスーパーマーケットなどでマイバッグキャンペーンが行われていたため、特に主婦の間では普及していましたが、コンビニエンスストアを中心に生活しているような若者層は、レジ袋をゴミ袋としても使用していたという経緯があるため、レジ袋の有償化は、このあたりに問題を抱えていることは確かです。
エコロジーを基本としたライフスタイルを発信する海外セレブや有名人のおかげで、エコバッグが普及しているという側面もあります。ただ、ファッションとしてエコバッグが社会に浸透することで、買い替え需要などが発生すると、またしても「これではエコでもなんでもない」ということになりかねないという難しさもあります。
ある調査では、日本人のエコバッグ所持率は約70%。女性は80%以上の方がエコバッグを所持していると回答しています。レジ袋の有償化により、今後は男性もエコバッグを買い求める動きになるはずです。男性はエコバッグに携帯性を求める方が多いようなので、このあたりはビジネスの参考になるかもしれません。

エコロジー大国・ドイツ

ドイツは「環境先進国」として知られています。日本に1990年代に導入されたエコバッグ(当時はマイバッグなどと呼ばれていた)も、そのお手本はドイツです。ドイツと日本は似ているところも多いといわれますが、エコロジーに関してはドイツのほうが、はるか先を進んでいます。
ドイツは、1960年代から街の緑化に力を入れていました。2020年代に入った現在も、緑は増え続けていますが、そこには環境を保護する義務をうたうドイツの基本法が大きく影響しています。
また、ドイツでは環境教育も積極的に行われています。各地にエコセンターが設けられており、子どもたちはこのようなエコセンターにて自然とふれ合い、エコロジーの大切さを学んでいきます。
ドイツのリサイクル率は世界的に見ても突出して高く、なんと65%以上です。日本のリサイクル率は20%前後ですので、いかにドイツの数字が突出しているかがわかると思います。ただ、この高いリサイクル率にも理由があり、たとえばビンやカン、ペットボトルなどの場合は、商品の販売価格とともにこれらの保証金を支払わなければなりません。そして消費したあとの容器を返却すると保証金が戻ってくる仕組みになっています。
エコロジーの考え方が完全に定着しているドイツと、そうではない日本を単純に比較することに意味はありません。ただ、日本もレジ袋の有償化というステップまでたどり着いた今、再度、ドイツに学ぶことは大切だと考えます。

そのほかの国におけるエコバッグ

海外では、それほど多くはありませんが、レジ袋の有料化によりエコバッグを持つことが当たり前の国があります。まず、日本の身近にある台湾や香港では、レジ袋が有料化されているショッピングセンターやコンビニが多く、エコバッグは必需品です。イタリアでも法律により小売店でのレジ袋の使用が禁止されており、また、タイでも多くのコンビニ、ショッピングセンターでレジ袋の使用を中止したため、エコバッグは必需品となっています。

次のページへ
  • 1
  • 2

後編:トートバッグ(エコバッグ)について【後編】