コラム No.6
生地の種類と代表的な編み方について

生地の種類と代表的な編み方について

オリジナルTシャツプリントの製作する上で、生地の種類や編み方に強いこだわりを持つことはとても重要です。一口にTシャツといっても、生地の種類や編み方の違いによって、たくさんの種類があるため、着用シーンや用途ごとに合わせて適切なTシャツを選ぶことで、質感や着心地が良く、高い機能性を持ったオリジナルTシャツプリントを作ることができます。
ここでは、シンプルなTシャツをより快適に着こなしたい方向けに、「生地の種類」や「生地の編み方」についてまとめています。オリジナルTシャツプリントの製作をお考えの際は、ぜひこちらの内容をご活用ください。

オリジナルTシャツプリント作りのキーポイントは生地選び!

オリジナルTシャツプリントを作ろうと考えた時に、「デザイン」はもちろん、「サイズ」や「カラーバリエーション」、「プリント方法」など、色々と考えなければならないことがあります。もちろん、これらの要素もオリジナルTシャツプリントを製作する上では非常に重要なことではありますが、“Tシャツをより快適に着こなしたい”方にとって、最も重要なポイントになるのが「どの生地を選ぶか?」ということです。

オリジナルTシャツプリントで使用される代表的な生地は、
・綿(コットン)
・ポリエステル
・混紡素材(混合素材)
の3種類です。

生地の種類ごとに、素材の特徴や肌触りなどが異なるため、Tシャツを作る目的や着用する環境などに適した生地を選択することが大切です。

綿(コットン)の特徴

衣類で使用される生地にはさまざまな種類がありますが、オリジナルTシャツプリントで最もよく使われているのが「綿」です。綿の特徴は、何といっても天然素材ならではのなめらかな肌触りと着心地の良さです。天然の植物繊維で作られた綿は、吸湿性や耐熱性に優れていることから、Tシャツに限らず、下着やシャツなど、幅広く使われています
綿100%で作られた生地は吸水性が非常に高いことから、汗などの水分はもちろん、プリントTシャツ用の染色料も染まりやすいことが特徴です。綿は発色にも優れていることからオリジナルTシャツプリント作りにも適し、染めた後の色合いが鮮やかで、イメージ通りのカラーに仕上がりやすいことも大きな魅力です。

ポリエステルの特徴

化学繊維のひとつであるポリエステルは、石油を原料として作られています。ポリエステルの特徴は、耐久性や速乾性に優れていることです。質感や肌触りの良さは天然繊維で作られた綿の方が優れていますが、高い速乾性によって汗をかきた時もベタつきにくく、さらっとした心地よさが続くのはポリエステルの大きな魅力です。吸汗速乾のポリエステル素材で作られた生地は、熱にも強く、紫外線の透過率も低いことから、スポーツウェアやユニフォームなどでも広く用いられています。

混紡素材(混合素材)の特徴

その名のとおり、複数の素材を混ぜて紡いだものを混紡素材といいます。オリジナルTシャツプリント作りでも人気のトライブレンドTシャツは、綿やポリエステル、レーヨンの3種類の混紡素材です。混紡素材で作られた生地は、風合いが非常にソフトでやわらかく、ヴィンテージのような風合いが特徴です。混紡された素材ごとの質感や特徴が出てくるため、吸汗速乾を重視するならポリエステルが多めの生地、肌触りを重視するなら綿やレーヨンが多めの生地を選ぶなど、用途や着用シーンに合った生地を選ぶのがおすすめです。

ニッティング(編み物)とテキスタイル(織物)の違い

衣類で使用される生地には、編み物と呼ばれる「ニッティング」と、織物と呼ばれる「テキスタイル」があります。

ニッティング

Tシャツの素材で使われているのはニッティングで作られたニットです。ニッティングは、糸で作ったループに次の糸を連結させた構造になっています。糸のよりが弱いので伸縮性に優れ、シワや型崩れしにくいアイテムが多いのが特徴です。Tシャツの他、セーターカーディガンなどのアイテムに使われているニッティングは、編み方ごとに着用した際の肌触りや着心地、通気性や伸縮性などが変化します。

・編物は3つの種類に分類される
Tシャツの素材であるニット(編物)は、大きく分けてと3つの種類に分類できます。

    ヨコ編:編み目が横方向に連続する編み方を「ヨコ編」といいます。
    丸編:ヨコ編の中で、らせん状に連なる編み目を作る編み方を「丸編」といいます。
    タテ編:編み目が縦方向に連続する編み方を「タテ編」といいます。

オリジナルTシャツプリントを製作する上で欠かせないニット(編み物)は、使用される素材だけでなく、「編み方」によっても着心地や機能性などが変化します。セーターの生地はヨコ編で作られるのが一般的ですが、「Tシャツは丸編で出来た生地」を用いるのが主流です。

テキスタイル

ボタンダウンシャツやジャケット、バッグなどの素材として主に使用されているのがテキスタイルです。布帛(ふあく)とも呼ばれるテキスタイルは、タテ糸とヨコ糸が平面上に交差した構造になっています。糸のよりが弱いため、ニットに比べ伸縮性が少ないのが特徴です。

次のページへ
  • 1
  • 2