コラム No.5
日本へのTシャツの普及について

日本へのTシャツの普及について

いまや私たちの生活になくてはならない存在となったTシャツは、ヨーロッパで生まれ、1960年代のプリント技術の発展や、アメリカのミュージシャンや映画俳優、ヒッピー文化などがきっかけで世界的に広く普及したと言われています。
そこで今回は、そんなTシャツが日本へ普及するまでの歴史について詳しく紹介します。

Tシャツが普及する前にも存在した綿素材の肌着

ヨーロッパで発祥したとされるTシャツですが、実は日本では、Tシャツが普及する前、明治時代から綿素材を使用したメリヤス肌着という衣服が存在していました。メリヤスは、いまで言うニット(編み物)のことです。
メリヤス編みで編んだ生地は、肌着をはじめ、靴下や帽子などの製品となり、編んだ生地で作られた衣服のことを当時の日本ではすべてメリヤスと呼んでいました。伸縮性に優れたメリヤスは基本、肌着として着用していたため、アウターとして着る発想はまだありませんでした。

徐々にアウターとして認識し始めた1940年代

1940年代前半、メリヤス肌着が普及していた日本ではインナーとして着用することはあったものの、アウターとして着用することはありませんでしたが、戦後に大きな変化が訪れます。それは、1945年の第二次世界大戦の終戦です。終戦後、日本に留まったアメリカの進駐軍たちが胸ポケットの付いた肌着を着ている姿を日本人が目にします。その時に目にしたアメリカ軍の肌着こそ、当時アメリカで普及が進んでいた「Tシャツ」です。
アメリカ軍の兵隊たちが着用していたTシャツは、日本のメリヤス肌着とは違い、胸部分にポケットが付いたもので、生地も厚めに作られた頑丈なものでした。兵隊たちの体格のよさも加わり、Tシャツをアウターとして着用するかっこよさが日本でも徐々に認識されるようになったきっかけと考えられています。

Tシャツが日本で普及したのは戦後

第二次世界大戦後、アメリカ軍の兵隊たちが着ていたTシャツによって、肌着として考えられていた服をアウターとして着てもいい、という考えが徐々に日本で浸透し始めます。
アメリカでは、いまでもお馴染みのTシャツメーカーとして知られるヘインズが、1920年頃に水平用シャツとしてTシャツを販売され、1930年代になると、本格的なアウターとしてTシャツを売り出すようになりました。
一方、日本で初めてアウターとしてTシャツが販売されるのは、アメリカで販売が開始してから約20年後のことです。1951年に石津商店、後のVANから発売されたTシャツが、日本ではじめて発売されたアウターとしてTシャツと言われています。しかし当時はまだ、男性用のTシャツのみの販売で、女性用のTシャツはそれから約10年後に他のメーカーから発売されたと言われています。

VANのTシャツ

1950年代よりアメリカンカルチャーを取り入れていた石津商店、後のVANは、日本のファッションデザイナーである石津謙介氏が大阪で創業した日本を代表するファッションブランドです。当時からTシャツに似たような服はありましたが、それらはどれも肌着としての衣服でした。
石津氏は戦後、日本に居た進駐軍の兵隊たちが着ていた胸にポケットが付いたTシャツを目にして、これならアウターとして使えると考えてポケット付きのTシャツ作りを始めます。男性用のTシャツの前に子供用のTシャツが売り出され、その後は大人でも着られるサイズのTシャツが完成します。
その後、VANはイエローブックシリーズというTシャツを出していて、それはアメリカのイエローページをプリントしたものでした。
1950年代は、ニュー・ルックや太陽族と呼ばれるファッションが大流行した時代であり、この時にはすでに男性用や女性用のボーダーTシャツが普及していました。また、当時、世界的な大ヒットとなった映画の中の主人公が、革ジャンに合わせてTシャツを着るスタイルが話題となり、肌着としてのTシャツが徐々に、現在にも続くファッションアイテムとして欠かせない存在となっていきました。

60年代~現在までの日本におけるTシャツの普及

1960年代は、プリント技術の発展に伴い、プリントTシャツの可能性が大きく広がります。当時、自由主義運動などに参加していたアメリカの若者を中心に、自由の象徴としてTシャツが流行します。同じ頃、ヒッピー文化やサイケデリック文化を代表するバンドがアメリカに誕生し、そのバンドの音楽をこよなく愛する熱狂的なファンの間でバンドTシャツが浸透しました。
ちょうど同じ頃、日本でもアメリカ西海岸からやってきたロゴが印刷されたプリントTシャツが流行します。当初はアメリカからの並行輸入品が販売されていましたが、高額なコストを削減するために、日本のアパレルメーカーはついに国産のプリントTシャツの生産をコストの低い中国で始めます。
80年代に入ると、ファッションとしてのTシャツが、スポーツで着るためのTシャツとして存在を変え、男性のみならず、女性の多くもTシャツをアウターとして着用するようになります。
そして、90年代に入ると、世界的に有名なアパレルブランドが次々にTシャツを採用したスタイルを提案し、プライベートはもちろん、ビジネスシーンにもTシャツが取り入れられるようになります。
Tシャツの大量生産により価格競争が激しさを増した時期もありましたが、最近は1990年代のバンドTシャツの人気が再燃したことがきっかけで、単にファッションアイテムとしてだけでなく、デザインに込められた思いを重視したTシャツの人気が高まっています。