ノーマル刺繍加工実績

ノーマル刺繍

刺繍はプリントや転写比べ て自由度が低い加工方法ですがアナログな仕上がりを好まれる方も多く、一定の人気がある加工方法です。コンピューターミシンを使用しますので刺繍のデザインもデータ化する必要があります。これはパンチングと呼ばれ、シルクの版代に相当します。刺繍は生地と一体化しますのでプリントや転写のようにはがれたり、割れたりということがありません。刺繍の糸の色の劣化もほぼありません。様々ある加工方法の中で最も長持ちする加工と言っていいと思います。