COLLECTION_482/プリントスター00085-CVT/5.6ozヘビーウェイトTシャツ/写真分解
プリントスター00085-CVTにモノクロ写真をシルクの網点で表現したCOLLECTION_482のご紹介です。。00085-CVTのレディースサイズは縫製パターンが女性仕様になっています。

COLLECTION_482/プリントスター00085-CVT/5.6ozヘビーウェイトTシャツ/写真分解

frontstylebackstyle詳細詳細
ボディー品番 プリントスター/00085-CVT
ボディーカラー #001 ホワイト
ボディーサイズ WL
モデル身長 165cm
グラフィックサイズ 28x21cm
加工方法 シルク/写真分解
入稿方法 COLLECTION_482のデータ作成
色指定 顔料ラバープリント色見本
プリント価格表 Tシャツプリントレギュラーサイズ価格表
  • この商品の受注ミニマムは初回10枚、追加生産は1枚から可能です。
  • ご発注から通常1~2週間でで納品となります。

ATTENTION

モノクロ写真を主に白Tシャツにプリントする際の選択肢は転写、シルク、インクジェットいずれも可能ですが、再現性に優れ、わかりやすい淡色インクジェットがお勧めです。
転写は出力が高解像で美しく、特に再現性にこだわりがある場合は有効な手段ですが張り付けた感は好みの分かれるところです。
次にシルクの写真分解。インクジェットが登場するまでは白黒写真もカラー写真もシルクでプリントしていました。シルクで写真を表現する場合、連続諧調をモノクロ2諧調のドット(編点)に変換して印刷を行います。新聞の写真の見え方が似ています。この際ごく薄い色はドットが小さくなり、製版時点でなくなってしまう傾向があります。結果、ハイライト部分が色が飛んだように真っ白になってしまいます。これを回避するために黒とグレーの2版を使用して諧調がとんでしまうのを防ぐ手法があります。ダブルトーンと呼んでいます。色の薄い部分をグレーでプリントするとドットが大きくなり諧調を維持できます。この際作成したグレー版を別の色例えばイエローでプリントするとセピアの写真に仕上がります。
以前はそう言ったテクニックを用いていましたがインクジェットの登場以降はほぼすべてインクジェットに頼るようになっています。それでも、プリント数量が1000枚以上になり価格を抑えたい場合はシルクは依然有効な手段です。
同じグラフィックをCOLLECTION483では淡色インクジェットでプリントしています。
 
10枚生産時
項目 単価 数量 合計
ボディー 440 10 4400
版代 12000 1 12000
プリント 525 10 5250
合計  \21650
1枚あたり合計  \2165
30枚生産時
項目 単価 数量 合計
ボディー 440 30 13200
版代 12000 1 12000
プリント 300 30 9000
合計  \34200
1枚あたり合計  \1140
50枚生産時
項目 単価 数量 合計
ボディー 440 50 22000
版代 12000 1 12000
プリント 225 50 11250
合計  \45250
1枚あたり合計  \905
100枚生産時
項目 単価 数量 合計
ボディー 440 100 44000
版代 12000 1 12000
プリント 150 100 15000
合計  \71000
1枚あたり合計  \710

※数量やプリントのサイズによって価格は変動します

※消費税抜別途


オリジナルTシャツプリントホーム特定商取引法に基づく表記個人情報会社概要サイトマップ